キャッシング カードローンの常識

古くはサラ金や街金などとも呼ばれたり、
返済に苦しむ多くの多重債務者を生み出し、
違法な取立てなどを行い社会問題化したこともある
消費者金融。

上記のようないわゆる悪徳業者はごく一部であり、
法律に則って運営を行っている良質な業者ももちろんあります。
そういった業者は、個人の突然の出費や、
経営者の資金繰りなど、
私たちの生活になくてはならない存在です。

消費者金融が一般化した背景

個人向けの小口融資を行う金融業者が、
サラ金や街金などと呼ばれた70年代を経て、
消費者金融と呼ばれるようになったのは80年代。

この頃までは
消費者金融からお金を借りるという行為自体が、
現在ほど一般的ではなかった
ようです。

90年代になるとバブル経済が崩壊し、経済的に余裕のない家庭が増加。
このころから消費者金融業界では、店頭へ足を運ばなくても
無人で契約が可能な自動契約機が導入されるようになりました。

また、それまでは深夜などの時間帯のみでテレビコマーシャルを行っていましたが、
そういった規制が緩和され、
あらゆる時間帯でのテレビコマーシャルが放送されるようになりました。
このような背景から消費者金融でのキャッシングがより一般的に行われるようになったのです。

その後、いわゆるグレーゾーン金利なども手伝って、消費者金融業界が大きく成長するとともに
多くの多重債務者を生む結果を招き、こういった事態を回避すべく貸金業法が改正され、
上限金利や総量規制などが見直されることになりました。

当サイトについて

上記のような流れから、現在では消費者金融からのキャッシングを利用するのも、
わりと一般的ではありますが、やはり無理な借り入れや、借りすぎには注意が必要です。

このサイトでは、消費者金融や銀行などのキャッシング、カードローンについての、
知っておきたい常識や豆知識などを、まとめてゆきたいと思います。